ダニ捕りシートの効果と選び方

 

2015y06m20d_114946148近年アレルギーの原因として多くあげられるのが、ダニの死骸です。

ダニの死骸はが皮膚についたり、呼吸によって吸い込むことで、アトピー、喘息、湿疹などのアレルギー症状を引き起こします。 バルサン等の殺虫剤のタイプのものでは、死骸は駆除できないので、粘着タイプのダニ捕りシートを使うと効果的です。

 

でも、ダニって目に見えにくいものですし、ちゃんと対策できているか不安ですよね。市販の安いシートで対策しても全然効果がなく失敗した経験があります。

当サイトでは、アトピーと喘息に悩んでいた私が、実際に試した経験や、ネットの口コミや効果を参考にランキングしました。ダニ捕りシートを使いながら効果的にダニ対策をすることで、ダニ多くを駆除することは可能です。

ダニ対策で悩んでいる方の助けになれば幸いです。

 

ダニ捕りシートを選ぶポイントは?

ポイント1 ダニをシートにひっつけて捕獲するタイプのものを選ぶ

ダニ捕りシートといわれるものの中には、粘着物質でダニを捕獲する商品と、ダニの嫌なにおいをだして遠ざけるものの2種類があります。 ダニを死骸ごと捕獲することを考えたとき、粘着タイプのものが身体にも安全で効果も期待できます。

 

ポイント2 価格と効果のバランスがよく続けやすいもの

ダニ捕りシートは、価格が様々です。実際に使ってみた経験からすると、安すぎるものはそこまで効果を実感できませんでした。 ある程度の価格帯のもので、3ヶ月で交換しながら継続できるものを購入するのがポイントです。

 

ポイント3 日本製で効果の安定した商品を選ぶ

海外生産や粗悪な商品は、製品の質が安定しにくく、シートによって効果が違うなどのトラブルが起こりがちです。 ダニも進化しますので、しっかりとして研究機関を持っていて、日々改良を続けている会社の商品が安心して使用できます。