ヒゼンダニの症状を写真で検証!疥癬(かいせん)とは

ヒゼンダニ

ヒゼンダニが原因で起こる感染症は、疥癬(かいせん)といいます。

この疥癬(かいせん)という病気は、人の皮膚にヒゼンダニが寄生することで起こります。

 

 

疥癬(かいせん)の症状の写真です。

ヒゼンダニ 写真 症状

ヒゼンダニ 写真 症状

 

 

 

 

ヒゼンダニ 写真 症状

 

 

2015y10m09d_170743777

これらは、ヒゼンダニによる疥癬の症状は、虫刺されにもにているため、市販の塗り薬で対処してしまう人が多いのですが、感染症のため医者に行かなければ治りませんので注意が必要なんです。

 

疥癬(かいせん)の症状について

 

疥癬の症状は、強い痒みです。

 

ヒゼンダニは人の皮膚に寄生しているため、感染後放置しておくと、増殖して数が増えます。

一匹のヒゼンダニがうまれて死ぬまでの期間は1ヶ月ですので、
一匹からひと月で3,4匹の子どもが生まれることになります。

気づかず放置しておくとひどい状態になってしまいます。

 

免疫力の強い健康な人は、感染しても「通常疥癬」という症状で治まることが大半で、多くても50~100匹ほどのヒゼンダニの寄生でとどまります。

老人など免疫力の弱い人だと100万~200万匹も寄生し、「角化型疥癬」という病名になります。

 

感染した場合は、薬をのみながら、洗濯や手洗いなどをこまめに行うことで治癒します。

疥癬は感染症のため、人から人に移る病気です。
治療は通常2週間程度で完治しますが、そのあいだは感染した人と同じ布団をつかったり、同じ洋服を着ないようにします。

 

 

疥癬は死ぬ病気ではない

 

疥癬の症状はとにかく痒さとの闘いです。

しかしそれだけでなく、皮膚にダニがいることの恐怖感や隔離されているような気持ちになります。

でも、疥癬で死ぬことはありませんし、ちゃんと治療すれば治る病気なんです

 

ヒゼンダニは動物に寄生しているとよく言われますが、人のヒゼンダニと動物のヒゼンダニは種類が違います。疥癬になるのは人に寄生するヒゼンダニなので、ペットのヒゼンダニは疥癬の原因にはなりません。

しかし、イヌヒゼンダニという、犬に寄生するダニは疥癬は引き起こしませんが、人の皮膚にくっつくと痒みを引き起こすので注意が必要です。

 

日頃から洗濯、掃除機、ダニシートを利用して、リビングや寝室のダニ対策をしておくことが予防につながります。

 

⇒ダニ捕りシートを使った手軽で効果のあるダニ対策はこちら

 

 

ダニ捕りシートランキング BEST3

第1位 ダニ捕りシート ダニピタ君

 [商品レビュー]

 シート内部にある粘着物質でひっつけてダニ捕獲します

 ココナッツのやさしい香りで、部屋に置いても気持ちよくつかえます

 コスパがよく経済的で、人気のある商品です。

 なんと、全額返金のキャンペーン中です!!ダニ捕りシート試してみたい方はチャンスです。

 日本製なので安心して使えます

第2位 ダニ捕りロボ

 [商品レビュー]

  ダニをシート内部の粘着シートにひっつけて捕獲します。

  3枚で5039円と値段は高めだが効果は一番ある

 日本製なので製品としても安心です。

 効果は一番高く、特定の場所に集中して使うのに最適です。

第3位 GETダニ捕獲シート

 [商品レビュー]

  シート内部にある粘着物質でひっつけて捕獲します

  ミニサイズが発売されていて、効率的に対策できます。複数個所に置きたい方におすすめ

  価格がお手ごろで、経済的にも安心

  日本製なので製品の質に信頼があります

コメントを残す