消えないダニ刺され跡への対処方法はコレ!

ダニ

 

ダニ刺されの傷跡がなかなか消えないことってありますよね。 傷跡は新しい傷古い傷がり、古い傷になるとなかなか消すのが大変です。

 

ポイントとしては、新しい傷のうちに跡が残らない対処をすることです。

 

今回は新しい傷の対処法と、古い傷の対処法について書いていきたいと思います。

新しい傷の対処法

 

ダニシートの効果

 

新しい傷とはダニに刺されてすぐの傷になります。

新しい傷の対処法として注意するのは、この3つです

 

・紫外線にあてない

紫外線にあたるとしみになりやすいので、できる限りガーゼで覆ったり、範囲が広い場合には長そでアームカバーなどをつけるようにします。

 

・掻き毟らない

痒いからといっても掻き毟りすぎるのは、傷跡が残りやすく、とびひの原因にもなるので控えます。

 

・乾燥させすぎない

塗り薬などで一定の保湿をしておくことで傷跡がきれいに完治しやすくなります。 症状に応じてですが、無理に乾燥させて汁気をとりはらおうとする人もいますが、無理な乾燥は傷を残しやすくするので、生活な状態であれば傷口の保湿があったほうがいいです。

 

以上が新しい傷の対処法でした。

続いて、古くなった傷の対処法です。

 

古くなった傷の対処法

 

068104

 

古くなった傷は、かゆみなどは治まったが傷跡が残ってしまった場合の対処法です。

 

・メイクで隠す

コンシーラーなどを使い化粧によって隠します。小さな傷はファンデーション等をぬると隠すことができます。 その場合に、肌に合った色をつかったり、UVカットの入ったものを使用するようにすると効果的です。

 

・お風呂で体をあたためる

湯船につかって体を温めることで、体の古い角質が剥がれ落ちるので、傷が薄くなります。 ぬるま湯にして10~15分程度入ることで皮膚がふやけてはがれやすくなります。

 

・バランスのよい食生活

ビタミンだけでなくたんぱく質も重要です。肌の代謝がよくなるように栄養バランスに気をつけた生活習慣をおくることが大切です。

 

・睡眠

睡眠不足は肌の乾燥につながります。肌が乾燥すると、古い傷も目立ちやすくなりますし、さらに跡が深くなってしまうこともあります。 保湿に気を使いながら、しっかりと睡眠もとるようにするのがポイントです。

 

まとめ

 

ダニ刺されの跡を残さないためには、掻かないことと紫外線に注意しながら、すでに傷がある場合はお風呂で角質をおとすことがじゅうようです。

日々の生活バランスもよくすることで肌が代謝して傷が薄くなっていきます。大きな傷の場合手術なども考えられますが、小さいものは化粧で隠すという考え方もありですね。

 

ダニ刺されは予防が大切です。ダニ対策は目に見えないので、ちゃんとできているか、わかりにくく被害が治まらないことも多いです。 効果的に、そして無駄のないダニ対策を継続することが一番の傷跡を残さない方法だと思います。

私の実践している、簡単にできて効果のあるダニ対策を紹介しますのでぜひ参考ににてみてください。

簡単にできて効果あり!とっておきの3つのダニ対策法はこちら! 

ダニ捕りシートランキング BEST3

第1位 ダニ捕りシート ダニピタ君

 [商品レビュー]

 シート内部にある粘着物質でひっつけてダニ捕獲します

 ココナッツのやさしい香りで、部屋に置いても気持ちよくつかえます

 コスパがよく経済的で、人気のある商品です。

 なんと、全額返金のキャンペーン中です!!ダニ捕りシート試してみたい方はチャンスです。

 日本製なので安心して使えます

第2位 ダニ捕りロボ

 [商品レビュー]

  ダニをシート内部の粘着シートにひっつけて捕獲します。

  3枚で5039円と値段は高めだが効果は一番ある

 日本製なので製品としても安心です。

 効果は一番高く、特定の場所に集中して使うのに最適です。

第3位 GETダニ捕獲シート

 [商品レビュー]

  シート内部にある粘着物質でひっつけて捕獲します

  ミニサイズが発売されていて、効率的に対策できます。複数個所に置きたい方におすすめ

  価格がお手ごろで、経済的にも安心

  日本製なので製品の質に信頼があります

コメントを残す